• ホーム
  • マイアカウント
  • お問い合わせ
止まり木ブルース2012
型番 978-4-907284-00-8
定価 1,620円(税120円)
販売価格

1,620円(税120円)

購入数


本書の内容

「日刊ゲンダイ」週末特別版紙上で、毎週好評連載中のリアル馬券小説、2012年の最新版です。2012年シンザン記念から有馬記念までを収録し、小説、出走表、結果も収録し、楽しみ方自由な競馬小説です。1986年から今なお継続する超ロングラン小説、競馬ファン待望の1冊になっています。

帯文より(寄稿:吉川良)

おれにとって「止まり木ブルース」はを読むのは、ひとり旅に出るのと似ている。
例えば安田記念のページに、『G汽ラスの名のある親分が、「銭がねえのは首がないのと同じことヨ……」と言ったそうな。「八方ふさがりで首が回らねぇ……」と嘆く品川の健坊だが、回らなくても首があるだけマシかも』という文章がある。
その文章がおれには、めったにない景色でうれしくなっているのだ。

著者、塩崎利雄

塩崎利雄は「東京スポーツ」の競馬記者を経て、現在は競馬評論家。「ラジオ日本」の競馬中継のメイン解説者などで活躍。著書に「極道記者」、「止まり木ブルース」シリーズがあり、いずれも映画化されている。自らも大勝負にかける馬券師として知られ、この「止まり木ブルース」の主人公「健坊」は正に著者本人の生き様を投影した姿である。

本書の登場人物

●健坊
主人公で年齢40歳ぐらいか、馬券無頼の遊び人、親分肌で義理堅く、無為徒食の舎弟を一家として抱えている。

●サブ
健坊の舎弟頭で一家のムードメーカー。見た目は出川哲郎にチョイ凄みを加えた感じ。

●赤シャツ
サブに次ぐ第2舎弟。競馬のデータに詳しい。スラッとした容姿で「品川のダルビッシュ」とも言われる。

●留公
左官屋を営む棟梁。酒に目が無く、常に顔を赤くして競馬談義に花を咲かせている。

●大西
留公のところで働く左官職人。キップが良く、筋の曲がったところが嫌いで健坊の馬券にも付き合うことが多い。
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける